メントレ英会話アドバイザーYujiの自信を持てる英語

緊張して外国人とロクに会話できなかった私が、週1回のお手軽ワークをたった1ヶ月続けただけで、外国人と気軽にトークし、海外事業で働けるまでいたった楽々メントレ英会話術

英会話のストレス一発解消!「英語で何て言うんだろ?」を防ぐ方法

 

こんにちは
自由と自信の英語アドバイザー Yujiです

 

 

している最中に「これって英語で

何て言うんだっけ?」と

考え込んでしまったことはないですか?

 

そうなると、会話が止まってしまって、

気まずい思いをするんですよね

 

こんな有様じゃ英語を使う仕事なんて

絶対に就けないな」と

落ち込んでしまうことも

あるかもしれません

 

逆に、言いたいことを英語で言えたら

会話もスムーズに進んで、

日本人と話すのと同じように

外国人との会話も楽しめますよね

 

外国人の友人も作れますし、

海外向けの仕事にも

自信を持って就けることでしょう

 

 

そのため、英単語を必死に

覚えようとする訳ですが、

それでも、知らない単語は

出てきてしまうんですよね

 

 

日本語ではよく使う言葉も

英語となると思い浮かびません

 

必死で覚えようとするものの、

キリが無いな」とも

感じているかもしれませんね

 

 

「英語で何て言うんだろ?」を防ぐ方法

この記事では、あなたに

英語で言いたいことを言う方法

教えたいと思います

 

「英語で何て言うんだろ?」からの

脱出方法ですね

 

それは「簡単な英語で言い換える

という方法になります

 

 

もう分かっているとは思いますが、

色んな英単語、英語表現を

覚えるのには限界があります

 

しかし、多くの人は難しい日本語を

そのまま英語に直そうとするから

「何て言うんだろう?」と

なってしまうのです

 

学校教育で染み付いた

癖かもしれませんね

 

例えば、「穴子」

 

接待で天ぷら屋に外国人を

連れて行った時に聞かれたら、

どうしましょうか?

 

「穴子」を言おうとしても

言えないと思います

 

正解はa congerです

 

この時に、無理に調べず

あなたが知っている単語で

穴子を表現すれば良いのです

 

a kind of eel(鰻の一種)、

fish like a snake

(蛇みたいな魚)と言えば

通じるという訳です

 

欧米人は日本人ほど

魚の種類に拘らないので

a congerを知らない

可能性すらあります

 

 

魚なのか、肉なのか

(宗教上の理由で)

魚なら、どんな魚なのかが

分かれば会話は成り立つのです

 

 

このように、

簡単な英語なら

簡単に言えますよね

 

 

言い換えの手順

では、どのように言い換えを

行えば良いのでしょうか

 

①言い換えのルールを知る

言い換えのルールを知りましょう

 

a kind of(~の一種)

like(~のような)

動詞はdo

形容詞はgoodかbad

 

といった言い換えのルールを

考えましょう

 

②簡単な英語を考える癖をつける

英語で何て言うか分からないな

という単語に出会ったら、

何て言い換えられるかな?と

考える癖をつけます

 

例えば、先の穴子なら

long fishとか、

fishで言い換えられるかな?と

考える訳です

 

他にも、「就職活動」は

簡単な日本語で言うと

仕事を見つけること」です

 

つまりは、finding the job

 

このように、

言い換えを行う癖を

つけていきましょう

 

③言い換えを使って会話する

言い換えの癖が身についたら

実際の会話でも言い換えを

行ってみましょう

 

上手く通じない言い換えも

あるかもしれませんし、

「こんなんで通じるの?」

という言い換えもあるでしょう

 

こうして、

言い換えのスキルを

高めて行ってください

 

 

 

まとめ

言いたいことを言えないというのは

大きなストレスにもなります

 

英語を話していて、

一番、辛いと感じる

ポイントかもしれません

 

やっぱり言いたいことを

英語でもスラスラ言いたいですよね

 

という訳で、そのためにも

知らない難しい単語は

簡単な英語に直して

話してみましょう

 

まずは、言い換えのルールを

考える事から始める

良いかもしれませんね

 

こんな話し方があるのかと

ビックリするかもしれません

 

 

2016/06/06


Message

メールアドレスが公開されることはありません。